お問合わせ先

NEWS&BLOG

住宅検査のプロは床下でココを見ている! -含水率測定-

更新日:

さて、みなさん。

永く心地よく暮らせる住まいづくりのスペシャリスト

NKプランニング株式会社(中谷工務店)の中谷耕三です。

 

今回は、
ホームインスペクションの検査内容のひとつ
【 床下調査 】で大切な要素

【 含水率 】

についてのお話です。

 

ホームインスペクションを行うなかで、
特に注意をして検査を行うところに、

【 床下 】

があります。

 

床下になかなか入って見ることはないと思います。

ですが、
床下は住宅を支える大切なところです。

 

床下のコンディションの見極め

床下の調査でまず確認するのが
木造住宅の大敵

【 水分 】

がどれだけ存在するのか。
です。

 

その時に活躍するのがコチラ、

【 水分率計 】
です。

 

本体上部の2本のツノで木材を差して、
木材の水分率が分かるスグレモノです。

同時に床下の気温も測れるので、
床下のコンディションが分かります。

 

床下の換気が十分にされていれば、
木材も適度な乾燥をしていますが、

換気口がふさがれていたりすると、
(↑中古住宅によくあります)

あまり好ましくありません。

 

水分が多すぎるといけない訳

木材に水分が多すぎると、

・シロアリ
・木材腐朽菌

が繁殖しやすくなります。

 

これらの繁殖を抑えるための
含水率の目安は、

20%未満で正常範囲

20~25%を超えると、
木材の腐朽が起こりやすくなります。

 

家の大切なところだからこそ、プロの目の検査を!!

近年の住宅では床下がコンクリートの
「ベタ基礎」でできていますが、

築30年ほどの家では床下が土のままの、
「布基礎」でできているのがほとんどです。

たとえコンクリートでできていても、

・水分を含みやすい土地の土質
・風通しが悪いなど建物周辺の環境
・換気口をふさぐなどの床下の換気不良

等によって、床下の木部腐朽のリスクは大きくなる傾向があります。

 

家の大切な部分だからこそ、
住宅検査のプロ「ホームインスペクター」
による
ホームインスペクションのご検討をおすすめいたします。

 

安心の住宅を手に入れるには、信頼のおける住宅調査から始めましょう!

地震に強い、地震に安全な住まいのために、耐震診断・耐震改修を!

家族に優しい住まいに、ユニバーサルデザイン・バリアフリーの介護改修を!

新築から古民家再生、耐震、バリアフリーリフォームは、NKプランニング株式会社(中谷工務店)

-NEWS&BLOG

Copyright© 第三者住宅診断・建物検査を奈良でするならNKプランニング - ホームインスペクション実績多数! , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.