お問合わせ先

NEWS&BLOG

住宅検査のプロは屋根のココを見ている!家を長持ちさせる屋根のコンディションの見極め方

投稿日:

さて、みなさん。
永く心地よく暮らせる住まいづくりのスペシャリスト
NKプランニング株式会社(中谷工務店)中谷耕三です。

今回は、
ホームインスペクションの検査内容のひとつ
【 屋根のチェックポイント 】のお話です。

屋根のメンテナンス

屋根は建物を
雨風・太陽熱・隣家の火災からも守ってくれる
とても大切なところです。

屋根のメンテナンスも大切で
気になって見上げていても、
どこが痛んでいるかわかりにくく、
実際はハシゴを使わないと登れない。

なのでなんだかんだでそのままになっている。

という方もおられるかと思います。

本当ならば、
『瓦屋根はノーメンテナンス』
なのですが、
それは最近の瓦の話です。

築40年超えの住宅ともなると、
メンテナンスは必須になります。

そこで、
屋根のコンディションの見極め方
をお話します。

屋根瓦にコケが生えている

この事例は古民家などの築年数が長い建物によく見られます。

写真でもわかるとおり、瓦にコケが広く付着しています。

コケが生えるには水分が必要です。
これは、
瓦が水分を含んでいる証拠なのです。

瓦を焼く温度が低いのが原因で、
このままだと雨漏りの原因ともなりかねません。

最終的には、屋根をふき替えるのがよいと思います。

 

瓦の色がまばら

この事例も古民家に多く、瓦の焼き温度が原因です。

前述したコケが生えてくる要因にもなるので、

注意が必要です。

 

瓦の割れ・ずれ落ちかけている

強い台風が上陸したときなど、強力な風が吹きます。

最近では竜巻の発生件数が増えているとも聞きます。

強風の後に、瓦がずれたり割れていることも考えられます。

台風などの後は、屋根を必ずチェックしましょう。

 

屋根がさびている

鉄板屋根の場合は、まず『サビ』が出ているか。
が問題です。

塗装をすればよいのですが、
錆を取る必要があります。

錆を取るためにやすりなどでこすります。
これを『ケレン』といいます。

ケレンンをすると、
鉄板の厚みが薄くなって耐久性が下がります。

鉄板屋根は、錆が出ないうちにメンテナンスをしましょう。

 

屋根以外のチェックポイント

屋根周辺のチェックポイントとして、
『樋』があります。

樋の中でもわかりにくいのが『谷樋』です。

住宅が平面的に折れ曲がっているとき、
屋根には『谷樋』ができます。

瓦屋根の下に隠れる位置になりますが、
比較的軟らかい銅板で作るケースが多く、

この銅板が雨だれによって薄くなっていきます。
これも雨漏りの原因になるので、注意が必要です。

樋のチェックポイントは、過去の記事
梅雨入りまでにやっておきたい、樋のチェックポイント4選
をチェックしてみてください。

家の大切なところだからこそ、プロの目の検査を!!

屋根は家を守る要です。
家の大切な部分だからこそ、

住宅に精通した一級建築士の私が、
あなたの大切な住まいを丁寧に検査致します。

住宅検査のプロ「ホームインスペクター」
によるホームインスペクション
のご検討をおすすめいたします。

わかりやすく丁寧な説明を心掛け、
あなたの心地よい暮らしのサポートをさせていただきます。

是非ご相談をこちらまでお寄せください。
親身になってお答えいたします。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

安心の住宅を手に入れるには、信頼のおける住宅調査から始めましょう!

地震に強い、地震に安全な住まいのために、耐震診断・耐震改修を!

家族に優しい住まいに、ユニバーサルデザイン・バリアフリーの介護改修を!

新築から古民家再生、耐震、バリアフリーリフォームは、NKプランニング株式会社(中谷工務店)

-NEWS&BLOG

Copyright© 第三者住宅診断・建物検査を奈良でするならNKプランニング - ホームインスペクション実績多数! , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.