お問合わせ先

NEWS&BLOG

住宅検査のプロは基礎のココを見ている!-コンクリート-

更新日:

さて、みなさん。

永く心地よく暮らせる住まいづくりのスペシャリスト
NKプランニング株式会社(中谷工務店)中谷耕三です。

今回は、
ホームインスペクションの検査内容のひとつ
【 基礎検査 】のお話です。

コンクリートチェックの検査機器

基礎はコンクリートでできています。
建物を支える部分で、
とても大切な部位です。

その部分に問題があると、
建物自体を支えることもできず、
地震が起きた時には被害を大きくさせる可能性があります。

コンクリートが健全か否かをチェックする検査機器が、
・クラックスケール
・シュミットハンマー
の2つなのです。

これら2つの機器の使われ方をご紹介しましょう。

 

1.クラックスケール

クラックスケール:ひび割れの上に重ねて幅を測ります

太さの違う線が数多く印刷されている、
透明な樹脂か金属でできた小さな板です。

これは
【 ひび割れの幅を測る定規 】
です。

ひび割れの幅が大きいほど、
より奥までひび割れが入っている。
と判断します。

報告書で報告するひび割れの幅は、
【 0.5㎜以上 】と定められています。

0.5㎜以上のひび割れがあるとアウト!
というわけではありませんが、
補修をするかどうか。
等の検討は必要となります。

 

2.シュミットハンマー

シュミットハンマー:精密機器のため、厳重なケースに入っています

この物々しいケースに入っている道具を、
【 シュミットハンマー 】
といいます。

基礎などのコンクリートの強度を測る機器です。
コンクリートにバネによる打撃を与えて、
返ってきた衝撃の強さを基に強度を測定します。

基礎を痛めることなく検査が可能な
非破壊検査方法のひとつです。

シンプルな形状ですが、見た目以上の重さがあります。

等間隔に20回押し当てた計測結果を基に、
コンクリート強度を判定します。

コンクリートは劣化によって強度は落ちないとされています。
しかしながら、築年数が長い家は特に調査をオススメします。

当社のシュミットハンマー検査は、
オプション検査になっていますので、
詳しくはご相談ください。

 

家の大切なところだからこそ、プロの目の検査を!!

基礎は家を支える要です。
家の大切な部分だからこそ、

住宅に精通した一級建築士の私が、
あなたの大切な住まいを丁寧に検査致します。

住宅検査のプロ「ホームインスペクター」
によるホームインスペクション
のご検討をおすすめいたします。

わかりやすく丁寧な説明を心掛け、
あなたの心地よい暮らしのサポートをさせていただきます。

是非ご相談をこちらまでお寄せください。
親身になってお答えいたします。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

安心の住宅を手に入れるには、信頼のおける住宅調査から始めましょう!

地震に強い、地震に安全な住まいのために、耐震診断・耐震改修を!

家族に優しい住まいに、ユニバーサルデザイン・バリアフリーの介護改修を!

新築から古民家再生、耐震、バリアフリーリフォームは、NKプランニング株式会社(中谷工務店)

-NEWS&BLOG

Copyright© 第三者住宅診断・建物検査を奈良でするならNKプランニング - ホームインスペクション実績多数! , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.